京小麦

京小麦

京小麦とは?

京小麦とは、京都府で栽培された「せときらら」と言う強力系の品種の小麦です。 京都では長らく「農林61号」や「ニシノカオリ」と言う小麦が栽培されて来ました。 しかしこれらの品種では、たんぱく値の低さや収穫量の少なさから、広くらーめんや パンなどに利用することができませんでした。 世間のニーズや国の政策もあり、2018年より京都府で栽培する小麦が「せときらら」に 全面移行することになりました。 せときららは西日本向きに品種改良された新しい小麦で、たんぱく値の高さ、収穫量、 病気に対する強さ等において、これまでの小麦より良い品質を持っていて、 らーめんやパンを作るのにも向いています。

京小麦
京小麦

ブログのご案内

京小麦について、当ブログでも紹介しておりますので、ぜひご覧下さい!